1. セブン旅ネット
  2. 鉄道 ぽっぽの旅
  3. 教えてぽっぽ先生

鉄道・ぽっぽの旅 ちょっとのんびり鉄道の旅にでかけませんか?

鉄道・ぽっぽの旅 ちょっとのんびり鉄道の旅にでかけませんか?

ぽっぽの旅をより楽しく快適にするために、お得なチケット情報や鉄道のアレコレが聞けちゃいます。

山手線は新型車両になるの? 山手線の車両はどこにいくの??

新型通勤電車(E235系)量産先行車新造について
2015年秋頃から次世代の新型通勤電車(E235系)が来年3月以降登場し、秋頃から山手線で営業運転を開始する計画です。

製造費は11両で10億円!!!!
車内の中づり広告がなくなり車内側面に設置した18面の液晶画面が設置されます。

では現在の車両は・・・
先月に元山手線の1編成が黄色の帯をまとい中央総武緩行線へ。
中央総武緩行線に行くのでしょうか?
では中央総武緩行線の車両は??

今週月曜からこの1編成だけ運行を開始したようですね!

記事:2014年12月3日

いまさら聞けない「青春18きっぷ」の使い方

「マニアじゃないけど鉄道に乗るのが好き」という、ゆる~く楽しみたい皆様に、普通の生活や旅に役に立つ鉄道の使い方を、旅行業界目線でご紹介します。
この冬も発売されます!(発売期間:2013/12/1~12/31、利用可能期間:2013/12/10~2014/1/10)
だれもが聞いたことのある名前だと思いますが…、使い方をご存知ですか?最近は「高速ツアーバス」や「LCC(格安航空会社)」に押されて、利用が低迷しているとか、そろそろ消滅するのではないか、とも言われています。なくなっちゃわないうちに『青春18きっぷ』を使って旅に出かけませんか。ということで、使い方をもう一度確認してみましょう。

(1)基本中の基本です。
*"青春"とついていますが、もちろん何歳でも利用できます。ちなみに小学生以上は同額。
*春休み、夏休み、冬休みに発売されます。
*あくまで「JR」の「鉄道」の「快速」か「鈍行(普通)」に乗るのが基本です。(一部例外あり)
*値段は、2013~2014冬と2014春で「¥11,500」。1日券が5枚ついているとイメージしてください。つまり1枚あたり¥2,300となります。
*複数人数で使うこともできます。たとえば5人で日帰りに使うとか、3人で日帰りに使ってまた別の日に1人で2日間使うとか。ただし、グループで使うときは同じ乗降駅で同じ行程でなければダメです。
*1回あたり有効な時間は夜中の0時以降から翌0時までです。翌日にまたがる場合はその列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで乗れます。逆に乗りたい夜行列車がある場合、0時以降に最初に停車する駅から使えます。なお、東京・大阪の電車特定区間内は終電まで使えます。
*列車が遅れたり運休しても、いったん改札を入ったら払い戻しはできません。
*なくした場合は買い直しが必要ですが、後で見つかっても払い戻しできませんのでご注意を。

(2)大人の事情(?)で例外の多いきっぷです。
*新幹線・特急・急行料金を払っても特急・急行には乗れません。どうしても乗りたい場合は『青春18きっぷ』とは別に、その区間の乗車券を買わなければなりません。
※ただし例外があります。全国には特急列車しか走っていなかったり、普通列車よりも特急列車が多く走っている区間があります。そうなると『青春18きっぷ』が使いにくいので、そこでは特急に乗れることになっています。 ・奥羽本線:青森~新青森、津軽海峡線:木古内~蟹田、石勝線:新得~新夕張、 宮崎空港線:宮崎~宮崎空港
ちなみに、快速の指定席やグリーン車自由席は指定席券、グリーン券を別に買えば乗れます。
なお、「ホームライナー」などのライナー列車のグリーン車指定席を使う場合は特急・急行と同じように別に乗車券を買わなければなりません。
*JRの車両が直通運転をしていたり、新幹線と並行する在来線でJRではなくなった路線を通る場合は、その私鉄の運賃を払わなければなりません。
たとえば、首都圏の埼京線に乗ってお台場に遊びに行く場合、大崎からお台場方面は「東京臨海高速鉄道りんかい線」になります。また、式年遷宮でにぎわっている伊勢神宮に名古屋から直通の快速で行く場合、途中「伊勢鉄道」を通りますので、別に精算が必要です。(もちろん亀山経由で乗り換えて、伊勢鉄道に乗らない手もありますが…。)
※ここでも例外です。新幹線の開業に伴って、青森~八戸間は「青い森鉄道」になりました。
ところが、途中の野辺地から下北半島に行く大湊線はJRのままですので、この「青春18きっぷ」が使えるためにと、青森~野辺地~八戸の3駅間だけは「青春18きっぷ」で乗れます。
ただし、浅虫温泉などの途中駅に降りる場合は「青い森鉄道」の運賃が必要です。

(3)普段使いもおすすめです。
*1日(1枚)あたり2,300円ということは…。頻繁に日帰りでJRを往復使ってお出掛けするとき、片道が1,150円より高い区間を利用する場合は、『青春18きっぷ』を使ったほうがオトクですね。もちろん期限内に使い切ってください。

(4)地道に乗るのを楽しむか?それとも目的を見つけて楽しむか?
*とにかく距離を乗る?"限界にチャレンジ"な感覚になりますが、どんどん乗り継げば、1日で東京から下関くらいまで行けます。ただ、それだけだとつまらないので、途中駅でおいしい食事をいただくとか、温泉に入ってみるとか、お祭りがあれば見てみるとか、目的を作って計画的に行くのもいいですよね。
*私はこの夏に富山の「おわら風の盆」を見に、『青春18きっぷ』をつかって新橋から岐阜、高山経由で乗って行ってきました。所要13時間、距離620km、乗換回数7回で普通に行けば9,560円かかるところ2,300円で行けました。立山連山などの車窓や「おわら風の盆」、高山ラーメンなどの食事も楽しめましたよ。
(帰りは富山~糸魚川~松本~新橋で、12時間、420km、乗換6回、通常6,830円でした)

(5)無理に行き帰り使わなくても…
*自宅近くの出発地点から結構遠くたどりついた地で"さあ帰ろう"というときに、 "また鈍行に乗るのか…"と思うとブルーになってしまうかも。こういう時は、LCC(格安航空会社)や高速ツアーバスと組み合わせるのも手です。例えば、成田~福岡で9,000円くらい、成田~札幌で10,000円くらいから出ています。(日々変動しますのであくまで参考です)
もちろん、成田空港からのJRはその日『青春18きっぷ』を使っていれば、そのまま使えます。

今年の正月休みは9連休だ!という方もいらっしゃると思います、異日常感たっぷりの冬旅にぜひお出かけください!もちろん、お出かけ先の宿泊は「セブン旅ネット」で!お忘れなく。

※「青春18きっぷ」の詳細はJRグループの案内をご覧ください。
(JR東日本HPのプレスリリースにリンク)http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131110.pdf

「キハ200形」のキハって何?

小湊鉄道の主力車輌キハ200形。このキハ200形の「キ」は
「気動車」を表しています。
次に「ハ」は「普通車」を表しています。いろは順で三番目なので
「ハ」は三等車を意味しています。
ちなみにグリーン車になるといろは順の2番目「ロ」が用いられています。

キハ200の200は形式番号を表します。
実際の車輌は下二桁目が何両目に作られたかを表しており、キハ207号車の場合は
キハ200形で7番目に作られた車輌という意味になります。

JRから電車をもらっているの??

JRや大手私鉄で役目を終えた車輌はその大半が解体されてしまいます。
しかし、条件が合えば富士急行のようにその車輌を無償または有償で譲り受けることがあります。
地方私鉄は経営が厳しく、新たに新型車両を導入できるほどの余裕がないのです。
富士急では京王電鉄やJR東日本から車輌を譲り受けていますが、他には長野電鉄では営団や東急電鉄から古い車輌を譲り受けて使用しています。
このように中古車両を譲り受けて古い車輌を置き換える例は各地で見られています。

気動車って何?

鉄道車両には電気を動力に動く「電車」と自分では動く力を持たない「客車」そして「気動車」の三種類に分類されます。
電車・気動車と客車の違いは自力で走れるか、走れないか。電車と気動車の違いはその動力源になります。

電車は文字通り電気を取り込み、モーターを動かして走ります。
気動車はディーゼルエンジンを動かしその力を車輪に伝え走ります。
気動車の中にはディーゼルエンジンで発電機を動かし、そこで得た電気をもとにモーターを動かすタイプの車輌も存在しますが、このタイプの車輌は日本ではあまり採用されていません。

秩父鉄道のSLパレオエクスプレスはどんな特徴があるの?

現在日本各地で観光用にSLが走っていますが、これらのSLは全て一度営業運転を退いてから復活しています。
このC58363も同じように、現役時代は東北を中心に活躍。廃車から15年たった1988年に復活しました。

秩父鉄道のSLパレオエクスプレスは東京からも近く、沿線の風景も自然が残っているため鉄道ファン以外の人も写真を撮りに来る人気のSL列車です。
冬季は運転されませんが、春から秋にかけて、季節ごとに変化する風景を見ながら、乗って楽しむことが出来ます。

新幹線の自由席は何号車に並べば座れる??

最近の新幹線車両は先頭のお鼻が長いですよね。つまり客室は狭いのでは?
また、トイレは奇数号車で2両おきだったような?そうです、新幹線や特急は どの車両も同じ座席数ではないんです。
例えば、東海道新幹線「のぞみ」号は東京発の16両編成ですと、わずか1~3号車 しか自由席がなく、この3両で椅子取りゲームが繰り広げられるわけです…。
運転席のある&トイレのついた1号車=65席、2号車=100席、トイレ&喫煙室の ついた3号車=85席となっており、知っていれば2号車に並びますよね!
もちろん例外もありますが、並ぶのは偶数号車です!

帰省ラッシュなど混雑が予想される新幹線の自由席で座るコツは?

急いでいないなら速い列車は避けよう!
やっぱり心理として速く行き先へ到着する列車に乗りたいですが…、ここはグッとこらえて速い列車の後に出発したり、停車駅が多い列車を選ぶと着席チャンスがUP!
例えば、朝の東北新幹線で仙台へ行こうとしています。
指定席が取れなかったので、全席指定のはやて・こまち号(A)は見送って、4分後のやまびこ号(B)の自由席か?
でも8分後に停車駅の多いやまびこ号(C)もあります。
こういった場合私だったらC列車に乗ります!B列車よりも12分多くかかるので結果20分後に到着するわけ ですが、それくらいならば座って行きたいですね。

帰省ラッシュ時に新幹線の指定席をどうしても取りたいのですが…?

自由席に座る為に並ぶのはやっぱり面倒、時間ももったいない!ということでしたら、おすすめなのは途中で列車を乗り換えるようにして空席を探す手もあります。
例えば、東京から岡山まで行きたい!でも岡山まで行くのぞみ号はすべて満席…。
そういう時には、「東京~名古屋+名古屋~岡山」のように、まず東京発で満席でも途中の名古屋から先が空いていることが結構あります。
その前の時間で新大阪止まりののぞみ号やひかり号に乗って名古屋まで行って、後から来る列車に乗り換えれば、結果座れるチャンスが拡がります。

ちなみに意外と誤解されているのですが、途中の駅で列車を乗り換えても、改札さえ出なければ特急料金は通しで乗った時と同額です。
(のぞみ号とひかり・こだま号の差額は あります)駅のみどりの窓口のベテラン駅員さんに相談してみましょう。