1. セブン旅ネット
  2. 皆既日食
  3. 2013年ガボン皆既日食ツアー

2013年 ガボン皆既日食観測ツアー -GABON TOTAL SOLAR ECLIPSE 3 NOV 2013-

セブン旅ネットでは、昨年の金環日食ツアーに引き続き、今年11月3日アフリカ・ガボンでの皆既日食ツアーを実施いたします。
観測場所として、現地までのアクセス、治安面を考慮して、ガボンでの実施を検討し、昨年12月に5日間の現地下見を終え観測場所も確保いたしました。

今回の日食は、米国フロリダ半島の東海上から金環日食として始まり大西洋上で皆既日食に転じる金環皆既日食です。陸地での皆既帯はアフリカ中央部のガボン、コンゴ共和国、ウガンダ、エチオピアを経由してソマリアで日没を向かえます。

アクセスおよび治安の面ではガボンが一番条件がよく、また天候については11月は雨季にあたりますが、昼間に晴れる確率は乾季より雨季の方が高く、実際今回の下見を実施しました昼間の4日間はすべて青空が広がっていました。
観測予定場所は、ジャングルの中の小学校グラウンドを予定しておりますので、皆既になった時の動物や鳥、昆虫などの鳴き声の様子も期待できるでしょう。
また熱帯での30度以上の気温が10度くらい下がる体験も楽しめるかもしれません。
ガボンは赤道の国です。リーブルビルから観測場所へ行く途中、車で赤道を越えるという滅多にない体験で感動することでしょう。

今回の皆既日食を見逃すと次は、2015年3月北極圏での皆既日食、さらにその次は2016年3月インドネシアの島々での皆既日食となかなか条件のよい皆既日食が当分なく、おそらく4年後の2017年8月北米での皆既日食までチャンスがないかもしれませんので、この赤道の国、ガボンでの皆既日食を一緒に体験してみませんか。
  • 観測場所
  • 観測場所前の道路

ガボン日食マップ

観測地地図

ガボン皆既日食観測ツアー

  • ポンガラ国立公園
    ポンガラ国立公園
    ガボン皆既日食観測ツアー
    Aコース
    旅行代金 648,000円
    (お二人様参加/お一人様あたり)

    Aコースはリーブルビル2泊、ランバレネに1泊して日食観測以外にポンガラ国立公園の観光が含まれます。ポンガラには陸地からは簡単に行くことはできないので、海からボートで約40分ほど揺られての上陸となります。ガボンならではのジャングル体験や泣き砂のきれいなビーチを楽しんでいただきます。 もちろん観測地での下見は前日の同じ時間で可能です。

    プラン詳細を見る
  • シュヴァイツァー記念館
    シュヴァイツァー記念館
    ガボン皆既日食観測ツアー
    Bコース(受付終了)
    旅行代金 648,000円
    (お二人様参加/お一人様あたり)

    Bコースはリーブルビル1泊、ランバレネに2泊して日食前日に1日ゆっくりと観測地下見及びリハーサルをしていただけるコースです。日食観測がメインとなり主な観光はランバレネのみとなります。

    プラン詳細を見る

ガボン下見レポート

  • 観測場所までの道路事情について
    観測場所までの道路事情について
    観測場所の小学校までは、リーブルビルから車で約3時間30分。
    観測当日は、リーブルビルからの渋滞(市内から出るには常に渋滞)が予想されますので、当ツアーではランバレネに前泊をして観測場所に向かいます。
    詳しく見る
  • 観測場所について
    観測場所について
    ECOLE PUBLIQUE DE BENGUIE 4
    南緯00°22.822
    東経10°20.760
    ベンギ第4 小中学校 生徒数124名
    詳しく見る
  • 赤道について
    赤道について
    リーブルビルから観測場所へ行く途中、北半球から南半球へと赤道を越えます。
    この赤道の表示板ですが、実際には赤道の0°ではなく、1kmくらいずれています。
    詳しく見る
  • 天候について
    天候について
    今回の下見は、現地12月7日~11日の4泊5日で、日食当日の11月3日からは若干ずれておりますが、このころはともに雨季の時期です。
    詳しく見る
  • リーブルビル
    リーブルビル
    ガボンの首都リーブルビルには、ガボンの人口の約半分近くが集中しています。
    中心地は道路も広く奇麗であまりアフリカを感じさせません。
    詳しく見る
  • ランバレネ
    ランバレネ
    当ツアーでは、観測当日の長距離移動を避けるため、リーブルビルから南東150km、観測場所から車でさらに50分程度奥に入ったランバレネに前泊いたします。
    詳しく見る
  • その他、現地情報

ガボン共和国について

  • 1960年フランスから独立。
  • 北西に赤道ギニア、北にカメルーン、南と東にコンゴ共和国と国境を接し、西は大西洋のギニア湾に面しています。首都はリーブルビル。
  • 国土の80%以上が森林。13の国立公園。人口147万5千人(2008年)
  • 面積 267,667km²(本州よりやや大きいくらいで日本の面積の約70%)
  • 気候は熱帯モンスーンで9月~5月が雨季、6月~8月は乾季。雨季は日照が強く昼夜を問わず気温が30℃前後で推移、朝晩にスコールが頻発するため降雨量が多くなってます。一方6月?9月の乾季では一日中曇っているものの降雨量は少なく,雨が降っても土砂降りになることはなく昼間の直射日光が遮られるため、夜間の気温が25℃以下まで低下することもあります。
  • 時間帯 UTC+1時間(日本との時差は-8時間)
  • 日本からはパリ又はフランクフルト経由で約20時間。(乗り継ぎ時間含まず)
  • 産油国であり、その他ウラニウム、マンガン、鉄などの資源が豊富で、アフリカの中でも国民所得は高い水準です。
  • 言語はフランス語が公用語でその他に、ファン語、バカ語など。
  • 宗教はカトリックを中心としたキリスト教が73%、イスラム教12%、その他伝統宗教10%、無神論5%。
  • 通貨単位はセーファー・フラン(F.CFA)で、1ユーロ=655.957フラン・セーファの固定相場。
  • 世界遺産 ロペ=オカンダ
  • ビザ必要、パスポートの残存期限 申請時6ヶ月以上、入国時3ヶ月以上。
  • ビザ取得には、事前に黄熱病予防接種が必要。
  • 黄熱病予防接種及びビザ取得には、時間を要するので注意が必要。
日食総合トップへ戻る